ビットコインの購入はどこの取引所がおすすめなのか?

▼ 目次

ビットコインの取引所を選ぶポイントは?

ビットコインに興味を持って様々調べてみると、ビットコインに関する情報もたくさんあるので迷ってしまいます。
特に、ビットコインを購入する場合に、どこの取引所がおすすめなのかについては、迷ってしまう人も少なくありません。
どこの取引所がおすすめなのかを判断する際に、重要となるポイントがいくつかあります。
それは、どのような取引手法が提供されているか、レバレッジは何倍までかけられるか、取引手数料は安いか、保有口座のセキュリティは大丈夫か、会社の安全性は大丈夫かといった5つです。
参考サイト→ビットコイン購入におすすめの取引所は?

取引手法

まず取引所が提供する取引手法としては、現物取引・信用取引(FX)・先物取引など、いくつかの種類があります。
ほとんどのビットコイン取引所では、所持している資金の中で取引をすることができる現物取引については提供しています。
ただ、信用取引や先物取引に関しては提供しているビットコイン取引所は限られているので、取引手法を理解した上で使うのなら事前に提供しているのかを確認しておく必要があります。

信用取引とは、取引所を運営する会社からお金を借りて、そのお金を用いてビットコインの取引をするもので、そのため取引所口座に保有されている金額以上に取引することができるのです。
ただ、保有している金額の何倍までの取引が可能になるのかは会社で異なりますし、取引手数料以外に借り入れ手数料が発生します。

先物取引とは、将来の売買について現時点で約束する取引のことで、ビットコインを買い付けした時点では代金を支払わずに、あらかじめ決められた期日に買い付け代金の支払いをする取引です。
その為、信用取引と同様に取引所口座に保有している金額以上の取引が可能ですが、信用取引と違って融資という形はとらないのです。

レバレッジ

また、信用取引は現在のビットコインの相場価格が適用されて値段が決まりますが、先物取引は先物取引独自の値段相場で動きます。
このように信用取引と先物取引では、自分が取引所口座に保有しているお金以上の取引できますが、この保有資産以上のお金を取引することはレバレッジをかけると呼びます。
このレバレッジが何倍までかけられるかは、おすすめの取引所を選ぶ際のポイントのひとつになります。

手数料で比較する

ビットコインの取引所で発生する手数料としては、口座入金・出金手数料、取引手数料、スプレッド、信用取引・先物取引時のみかかる借入手数料があります。
手数料は利益に影響してくるので、これらの手数料ができるか限り安い取引所の方がおすすめと言えます。
取引手数料については、多くの取引所が無料か少額になっていますし、売買金額より手数料分安くなるマイナスのところもあります。
入金手数料については、多くの取引所が自己負担になっていますし、特別な取引方法を選ぶ場合には手数料についてはチェックする必要があります。

セキュリティで比較する

ビットコインの取引所で発生ビットコインはインターネット上での取引・口座管理をするので、強固なセキュリティになっているかどうかはおすすめできるかできないかの重要なポイントになります。
セキュリティ対策のコールドウォレットとは、ネットワークから切り離されたオフラインの状態でウォレットを保管するものです。
これによりハッキングなどにあった場合でも、すべてのビットコインが盗まれるというリスクを防ぐことができます。

マルチシグネチャウォレットとは、一つのアドレスに対して複数の秘密鍵が割り当てられているウォレットのことで、パスワードが複数になるため強固なセキュリティになるのです。
2段階認証ログインとは、取引所サイトにログインする時に、二段階以上の認証を必要とするセキュリティです。
ログイン時にID・パスワードで認証した後で、携帯電話のSMSに届いた暗証番号の入力が必要だったり、スマートフォンのアプリでワンタイムパスワードが発行されたりして、それを入力するといったセキュリティです。

コールドウォレット保管や二段階認証はセキュリティの基本で、現在は基本すべての取引所が対応しています。
マルチシグネチャウォレットについては、より強固なセキュリティ対策を実施している取引所では対応しています。

会社の安全性での比較

現在のビットコイン取引所は、大小様々な取引所が存在していて、そのため懸念されるのが取引所が破産するというリスクです。
万が一取引所が破産するといつた最悪の事態が起こると、取引所に預けていたビットコインなどの資産を損失してしまう可能性があります。
その為、取引所の安全性はおすすめ度を判断する大事なポイントになりますが、現状では指標として資本金ぐらいしかなくて、どの大手会社が出資しているかという部分で判断するしかありません。
ただ、いくら大手会社が出資しているかといっても、絶対に安全と言い切れないことなので、会社の安全性を判断することはなかなか難しいところです。